リサイクルについて

2016年4月11日

1 家庭用パソコンのリサイクル

 

平成15年10月1日より家庭系パソコンのリサイクルが始まりました。

 

家庭系パソコンのリサイクルが、法律によりメーカーに義務づけられました。

 

これにより平成15年10月以降に販売された製品は、価格に回収再資源化料金が上乗せされています。
平成15年9月以前に販売された製品については、メーカーに回収再資源化料金を払ったうえで引取ってもらうことになり

ます。

 

これに伴い、白老町では、再資源化を推進するため、平成15年10月1日から使用済みパソコンの受入はしておりません。

排出する場合はメーカーに引き取ってもらうようお願い致します。

 

 

○ 回収対象機器となるもの

 

 ディスプレイ、パソコン本体、購入時の標準添付品(マウス、キーボード、ケーブルなど)
 ※プリンタ、スキャナー、ワープロ、PDA、ワークステーション/サーバ、ゲーム機、取扱説明書/マニュアル、CD-ROM

    などは対象外です。

 

 

○ 回収資源化料金

 

(1) 平成15年9月以前に販売されたパソコン
   1点につき3,000円~4,000円程度 (メーカーによって金額が異なります。)

 

(2) 平成15年10月以降に販売されたパソコン
   購入時に料金を支払うことになりますので、排出するときは料金がかかりません。

 

 

○ 回収までの流れ

 

(1) パソコン製造メーカーに回収の申込をします。
   パソコン3R推進協会のHPから各メーカーの問い合わせ窓口にリンクがあります。

 

   http://www.pc3r.jp/index.html (別ウィンドウで表示)

 

 

(2) メーカーより回収再資源化料金の支払通知書が送付されます。

 

(3) 回収再資源化料金を各メーカー所定の方法(郵便振替・銀行振込など)で支払います。

 

(4) 回収再資源化料金の支払い後、メーカーから専用の「ゆうパック伝票」が送付されます。
   ※10月以降に販売されたパソコンについては、回収を申込み後、「ゆうパック伝票」が送付されます

 

(5) ご家庭で使用済みパソコンなどを梱包し、メーカーから送付された専用の「ゆうパック伝票」を貼付して最寄りの郵便局

   窓口に持込むか、「ゆうパック伝票」記載の郵便局に電話して戸別集荷の手続きをしてください(運搬費用はかかりま

   せん)。

 

 

2 リサイクル家電4品目(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン)について

 

 リサイクル家電4品目(233KBytes)

 

 

 経済産業省 家電リサイクル特設ページ(外部のサイトに移動します)

 

 http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaden_recycle/fukyu_special/index.html (別ウィンドウで表示)

 

 

3 古着・古布の拠点回収について

 

平成15年12月1日から、古着・古布の拠点回収を始めています。今まで「燃やせるごみ」として処理していた古着・古布を

ウェス(※)として再利用します。少しでもごみを減らすことを一緒に考えましょう。

※「ウェス」は、工場の機械整備などで、主に油のふき取りなどで利用される工業用雑巾のことです。

 

 

○ 古着・古布の回収について

 

(1) 回収できるもの

 

  ・衣類
    シャツ・ポロシャツ・Tシャツ・ベビー服・ポロシャツ・ブラウス・スキーウェア・コート・マフラー・セーター・Gパン・Gジャン

 

     ジャージ・革製品・手袋・帽子・トレーナー・Yシャツ・ブラウス・ステテコ・パジャマ・ベビー服・寝巻・スーツ など


  ・布類
    シーツ・布団カバー・タオル・バスタオル・タオルケット・バスローブ・枕カバー など


  ※衣類全般、綿50%以上の布類、洗濯してあれば、少々のシミ、黄ばみ、破れ、色物/白物は問いません

 

(2) 回収できないもの


  ふとん、毛布、ハギレ、ハンカチ、枕、ベットマット、ベルト、座布団、ぬいぐるみ、よだれかけ、カバン、靴、パンツ、絨毯、

 

     カーテン スキーウェア 着物 など

  

  濡れている物、汚れのひどい物、ペットなどに使用した臭いのついた物他


(3) 回収ボックス設置場所
 

 白老町役場  大町1丁目1-1
 いきいき4・6  東町4丁目6―7
 役場萩野出張所  萩野73-4
 役場竹浦出張所  竹浦198-27
 役場虎杖浜出張所  虎杖浜13-1
 白老コミセン  本町1丁目1−1

 

 

(4) 出すときの注意点


 ・ごみ減量のためシーツなどに包んで出してください。紙袋やビニール袋に入れて出さないでください。
 ・臭い、汚れのあるものはリサイクルできません。洗濯して出してください。
 ・ボタン、ファスナーはそのままで構いません。

 

 

4 廃食油の拠点回収について

 

 廃食油の拠点回収(162KBytes) 

 

 

5 小型家電の拠点回収について

 

不要になった小型家電を回収します。

 

ご自宅に、もう使用していない携帯電話やデジタルカメラなどは眠っていませんか?
燃やせないゴミで収集している小型家電ですが、その中には鉄やアルミなどの金属や希少なレアメタル等が使われて

います。

 

それらを回収し、正しく処理すれば資源として再利用することができ、またごみの減量にも効果がありますので、ご協力を

お願いします!

 

 

○ 回収場所 

 

   白老町役場 白老コミセン 環境衛生センター

 

 

○ 回収できるもの

 

(1) 小型電子電気機器


 インターホン、カーオーディオ、カーテレビ、カーナビ、カードリーダー、携帯型液晶テレビ、携帯電話、携帯ラジオ、ゲーム

 機、外付け内蔵HDD、チューナー、デジタルオーディオプレイヤー、デジタルカメラ、電気カミソリ、電子辞書、電子手帳、

 電卓、電話機、トランシーバー、パソコン周辺機器、パソコン部品、ビデオカメラ、ファクシミリ、防犯用監視カメラ、無線LA

 N、モデム、ルーター、浴室用埋め込み型テレビ、ワープロ、CDMDプレイヤー、CD、DVDドライブ、DVDデッキ、ETC、

 GPS関係装置、その他上記の品目に準ずるもの

 

(2) 付属品


 充電器、通信ケーブル、接続コード、ゲームソフト(カセット式のもの)、リモコン、小型ヘッドホン、イヤホン、ACアダプター、

 USBメモリ、SDカード、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、メモリースティック、充電式の電池(使いきりの乾電池、

 ボタン電池は回収できません)、その他上記の品目に準ずるもの

 

 

○ 回収できないもの

 

(1) 家電リサイクル法の対象品


 エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機

 

(2)その他


 ビデオテープ、カセットテープ、CD、DVD、ブルーレイディスク、乾電池、ゲームソフト(CD式のもの)フロッピーディスク、

 

  MD など

 

 

○ 回収上の注意点

 

 ・持ち込みは一般家庭から排出される使用済み小型電子機器に限ります。
 ・回収ボックスで回収できるものは30cm×30cm(投入口の大きさ)以下の大きさのものに限ります。
 ・充電式の電池は、放電またはテープで絶縁してから持ち込んでください。
 ・パソコンのデータや携帯電話のメモリーなどの個人情報は、可能な限り消去してから持ち込んでください。
 ・PCリサイクルマークのついているパソコン(平成15年10月以降に販売されたもの)については、処理料金が必要ありま

  せんので、パソコンリサイクル法に基づく廃棄をお勧めしています。

お問い合わせ

生活環境課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-2265