人権擁護委員制度について

2022年7月20日

 

1  人権擁護委員とは 

 

 

 

 人権擁護委員は、人権擁護委員法に基づき、議会の同意を得て委員を推薦し、法務大臣が委嘱する民間ボランティアです。

  

 国民の基本的人権を守るため、様々な人権擁護活動を行っています。(任期3年)

 

 人権擁護活動には、大きく分けて、人権啓発、人権相談、人権侵犯事件の調査・処理、そして民事法律扶助などがあります。        

   

     ●差別を受けた  

 

     ●暴行・虐待を受けた  

 

     ●いじめ・体罰を受けた

 

     ●セクハラ・パワハラを受けた 

 

     ●名誉毀損・プライバシー侵害を受けた

 

 など、困ったときは、ひとりで悩まずご相談ください。秘密は守られます。相談は無料です。

 

 白老町の人権擁護委員へ相談を希望する場合は、札幌法務局苫小牧支局へ連絡してください。

 

 

 札幌法務局苫小牧支局 TEL 0144-34-7151

 

 

 

 

 

2  白老町の人権擁護委員


                                                                        (令和4年4月1日現在)

  ※五十音順

 

    新谷 育子(あらや いくこ)さん

 

    田村 直美(たむら なおみ)さん

    

    塚原 光博(つかはら みつひろ)さん

    

    中村 英二(なかむら えいじ)さん

       

    水島 直子(みずしま なおこ)さん

    

    横山 秀人(よこやま ひでと)さん

 

 

 

お問い合わせ

生活環境課
 ※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-2265
ファクシミリ:0144-82-4391