SLポロト号

2013年1月15日

 

SLポロト号

 

 

1 SLポロト号とは・・・

 

昭和50年末、北海道を最後に全国から姿を消したSL(蒸気機関車)を白老町の文化財として保存展示、社会教育の一環に

役立てようとする動きが町民の間から出た。

旧国鉄当局に対しSL展示の初交渉をしたのが昭和50年8月13日であり、同15日「廃用蒸気機関車借受申請書」を白老町と

して提出する。

昭和51年3月4日付けをもって、旧国鉄本社工作局長から旧北海道総局長に、白老町への貸出し承認が下りた。

 

町においても、新年度予算に「SL:D51-333号」の運搬と敷地整備などに要する費用として約650万円を計上し受入れ体制

を整えた。

昭和51年4月16日には「蒸気機関車保存会」(仮称)設立総会を開催するまでに至った。

この経過の中で9月3日、札幌苗穂駅を出発した「SL:D51-333号」は13時30分白老駅に到着した。

 

翌4日、トレーラーに積み込まれポロト湖畔に設置された。のち、披露式・一般公開を9月13日挙行された。

愛称を町民から公募、8月10日の選考会で応募総数45件から「SLポロト号」と決定された。

(命名者:鈴木称子・沢口めぐみ)

 

~白老町史より引用~

 


2 その後のポロト号の移設

 

昭和51年9月より白老町ポロト湖畔において31年間、展示保存されてきました「蒸気機関車D51-333(SLポロト号)」が、こ

の程「イオル再生事業」に伴いJR白老駅北広場へと移設されました。

それにともない、列車通過時の車窓からはもちろんのこと、JR白老駅からも望むことができるようになりました。

 


3 ポロト号について

 

蒸気機関車D51-333(愛称:SLポロト号)の概要

 

 製造年月日  昭和14年12月17日
 製造所  日本車輌製造株式会社
 機関車の寸法  長さ19.73m 高さ3.98m 幅3.00m

 機関車の重量

 (運転整備のとき)

 125.77t
 動輸の直径  1.40m
 水の量  20t
 石灰の量  8t
 主な運転路線  室蘭本線・函館本線・江差線・松前線・夕張線・万字線・幌内線
 廃車年月日  昭和50年11月5日
 総運転粁  26,494,437km(地球約66周相当)

 

お問い合わせ

生涯学習課
生涯学習グループ ※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-85-2020