胆振支庁管内沖合海域でのさくらます船釣りライセンス制

2013年1月15日

白老町を含む胆振支庁管内の沖合海域においては、刺し網や定置網・沖合い底曳き網等の多種多様な漁業が操業されて

おり、船釣りについても、これらの漁業に操業上悪影響を及ぼさないように行われています。

 

船釣りのうちさくらます釣獲を目的としたものについては、資源保護および漁場輻輳の緩和・漁場の安定的利用関係の確立

のため、胆振海区漁業調整委員会の指示により平成12年度からライセンス制が導入されています。

 

このライセンス制は、委員会指示により示された規制海域内および制限期間(釣獲時間)内においては、ライセンスを取得し

た者以外はさくらます船釣りを行ってはならない、というものです。

 

また、ライセンス取得者(遊漁船業者・プレジャーボート使用者等)や遊漁者は定められた事項を遵守しなければなりません。

 

ライセンスについては、詳しくは下記をご覧ください。

 

 

胆振振興局のページ(さくらます船釣りライセンス制について)

お問い合わせ

農林水産課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-6491