就学援助制度

2017年5月26日

白老町では経済的理由によりお困りの方(生活保護世帯に近い程度に困窮している家庭)のために、お子さんの学用品や

給食費など学校の勉強に必要な費用を援助しています。


1 就学援助を受けられる方(審査の上決定いたします)

 

 白老町に住所を有し、白老町立小中学校及び中等教育学校の前期課程に在学する児童生徒の保護者又は、他の市町

 村に居住し学校教育法施行令第9条の規定により、町立学校に児童生徒を就学させている保護者で、当該地の市町村

 から就学援助を受けていない者で、以下のいずれかの申請理由による世帯の方が対象です。ただし、収入及び資産状況、

 親族等からの援助状況などにより、援助の対象とならない場合もあります。

 

 (1)前年度又は当該年度において次のいずれかの措置を受けた方


  ア 生活保護の廃止又は停止を受けた方
  イ 町民税が非課税又は減免された方
  ウ 個人事業税又は固定資産税が減免された方
  エ 国民健康保険料の猶予・減免又は国民年金が免除された方
  オ 児童扶養手当(母子世帯が対象)の支給を受けた方
  カ 世帯更生資金の貸付を受けた方
 
 (2)上記以外の者で、援助を受けなければお子さんの就学が困難な方


  ア 失対手帳を有する日雇労働者又は職業安定所登録日雇労働者の方
    (失業保険受給者とは異なります)
  イ 保護者の職業が不安定で、生活状態が悪いと認められる方
  ウ その他経済的に困窮している方 

 


2 就学援助の内容

 

 平成29年度の就学援助の内容及び支給予定額をご紹介します。

 

 (1)学用品費・通学用品費 


  児童・生徒が通学に必要とする学用品・通学用品に対して、学用品費・通学用品費として一定額の援助をします。
  学用品費・通学用品費は年2回に分けての支給となり、年度途中での認定者は認定月からの月割支給となります。

 

   小学校1年生    ・・・ 年額 11,420円
   小学校2~6年生 ・・・ 年額 13,650円
   中学校1年生    ・・・ 年額 22,320円

   中学校2~3年生 ・・・ 年額 24,550円


 (2)新入学児童生徒学用品費等(入学準備金)

 

  新入学児童・生徒が通学に必要とする学用品・通学用品に対して、入学準備金として一定額の援助をします。入学準備

  金は4月に認定された新1年生のみ対象となり、年1回の支給となります。


   小学校1年生 ・・・ 年額 40,600円
   中学校1年生 ・・・ 年額 47,400円

 

 (3)学校給食費


  学校給食費は「実費」の支給となり、学校を通じて直接食育防災センターへ支払います。
  学校給食費は原則として認定された月からの支給となりますが、転出入者において在校期間が15日未満の方は対象

  外となります。

 

 (4)修学旅行費(小6学年、中3学年のみ)


  修学旅行に参加するために直接必要な経費(交通費、宿泊費、見学料、その他参加者が均一に負担する経費)を支給

  します。

 

 (5)校外活動費


  遠足あるいは社会見学旅行に参加するために必要とされる経費(交通費及び見学料)を支給します。

 

 (6)体育実技用具費(3年に1回、小学校のみ)


  体育の必須教科として行う授業であり、学校の全児童・生徒の保護者が必ず購入することになっている用具(スケート

  靴)に対して、一定額の援助をします。

 

 (7)医療費
  

  学校保健法で規定する特定の疾病の治療に要する経費を支給します。 援助対象となる疾病は次のとおりです。


   ・流行性角結膜炎及び咽頭結膜炎(アレルギー性結膜炎は対象外)
   ・白せん、疥せん及び膿痂疹
   ・中耳炎
   ・慢性副鼻腔炎及びアデノイド(急性副鼻腔炎、アレルギー性副鼻腔炎は対象外)
   ・う歯(保険診療で対象となる治療)
   ・寄生虫病(虫卵保有を含む)

 

  上記の疾病で通院する場合は、事前に在学する学校で医療券を発行してもらい、通院先の病院に提出して下さい。

  

費目 小学校 中学校 支給対象 認定基準月 支給予定日
1年 2~6年 1年 2~3年
学用品・通学用品費 11,420円 13,650円 22,320円 24,550円 認定月

(前期)10月初旬

(後期) 3月中旬

新入学学用品費等 40,600円 47,400円 4月 6月下旬
学校給食費

  実費

  51,110円(1年~3年)

  52,630円(4年~6年)

 実費

  61,560円(1年~2年)

  59,292円(3年)

認定月

食育防災センターへ

直接支払います

修学旅行費  実費  実費 要・準 認定日

修学旅行終了後の

支払いとなります

校外活動費

 実費(交通費及び見学料)

 ※限度額あり

 実費(交通費及び見学料)

 ※限度額あり

認定日 3月中旬
体育実技用具費  スケート 5,795円(3年に1回) 11月 1月下旬
医療費  実費(医療券にて支払い)  実費(医療券にて支払い) 認定日

 

  ※ 要・・・要保護児童生徒認定者(生活保護者)、準・・・準要保護児童生徒認定者

 


3 申請書の配布・受付

 

 年度当初(4月1日)から援助を希望される方は、前年度末(3月31日)までに必ず申請してください。
 現在援助を受けている方についても、継続して受給を希望する場合は継続の申請が必要となりますのでご注意願います。
 また、年度途中から援助を希望する方には、随時申請を受け付けています。ただし、学用品・学校給食費等の援助費は、

 認定月日以降の金額が支給対象となりますのでご了承願います。

 


4 申請方法

 

 申し込みを希望される方は、所定の申請書に必要事項を記入し、次の証明書類を添えてお子様が在学する学校へ提出

 願います。ただし、前年度の収入にかかわらず所得の申告をおこなっていない方(未申告の方)は認定できませんので、

 申請前に必ず役場財政税務課にて申告願います。

 

 (1)申請書類


  1 平成29年度要保護・準要保護児童生徒認定申請書(通学先の学校で配布) 1部


  2 平成28年分の収入を証明する書類(世帯全員のもの )1式


     給与収入の方      ・・・「平成28年分給与所得の源泉徴収票」の写し

 

      自営業その他の方  ・・・「平成28年分の所得税の確定申告書(控)」の写し
                      または、「平成29年度町民税・道民税申告書」の写し
                      ※いずれも受付印があるもの


      手当等を受けている方・・・(母子の方)児童扶養手当証書
                     または、特別児童扶養手当証書の写し
                     (老齢の方)公的年金源泉徴収票の写し
                     (身障の方)特別障害者手当
                     または、障害児福祉手当等決定通知書の写し
                     上記の他、平成28年中に受給された手当等の金額がわかる書類


     上記の書類がない方 ・・・事業主の給与支払証明書

 
    3 援助を受けたい理由の各事項を証明する書類 1式

 

    ※ 書類はすべて最新のものを提出してください。

 

 

 (2)提出先

 

児童・生徒  申請書 提出先
 同じ学校に   本人だけ  申請書1枚  在入学する学校に提出する 

 兄弟姉妹がいる

 または、弟・妹が入学する

 兄・姉と同じ申請書で
 小・中学校の両方に

 兄弟姉妹がいる

 または、兄弟姉妹が入学する

 兄弟姉妹同一の申請書で  小学校に提出する

 

 

5 認定時期

 

 6月初旬になります。なお、4月までに申請書を提出された場合は、4月にさかのぼり認定します。

 

 

 以上の点につきましてわからないことがありましたら、お子さまが通っている学校又は白老町教育委員会 学校教育課まで

 お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

学校教育課
学校教育グループ ※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-85-2022