高齢者福祉サービス

2013年1月21日

1 在宅福祉サービス

 

 介護保険で「自立」と認定されて介護保険のサービスを利用できない方などのうち、高齢や疾病などの理由で自立した

 生活が困難な方を対象にした在宅サービスです。

 

 (1) 生きがい活動支援通所事業

 

  家に閉じこもりにならないように、デイサービスセンター等へ通所していただき、入浴サービスやレクレーションなどを

  通じて、身体機能の維持向上や社会参加などを目的に行っているサービスです。
  ※1回当たりの個人負担金がかかります。

 

 (2) 生活管理指導員派遣事業


  日常生活における家事など、基本的な生活習慣を身につけていただくため、訪問して支援・指導を行うサービスです。
  ※1回当たりの個人負担金がかかります。
 
 (3) 配食サービス事業


  高齢者世帯などを対象に、食事の支度が困難で、不規則な食生活や栄養バランスの欠ける方に、食生活の安定と

  健康確保のために行うサービスで、あわせて安否確認をします。
  ※1食当たりの個人負担金がかかります。

 

 (4) 緊急通報システム


  一人暮らしの高齢者の方など、安心して生活していただけるよう、家庭に緊急通報用電話を設置し、急病や事故など

  不測の事態が発生した際に、ボタン一押しで緊急通報センター(消防本部)へ通報することにより緊急事態を知らせる

  システムです。
  緊急通報装置の設置(貸与)は無料ですが、緊急時に協力を得られる方(緊急連絡員)の承諾書が必要です。

  申請の際には、事前に窓口までご連絡ください。

 

 

2 長寿祝金

 

 ご長寿を祝福するとともに、社会に貢献した労をねぎらい、毎年長寿祝金を贈呈しております。
 対象者は、白老町の住民基本台帳に登録されている99歳・百歳以上の方で、誕生日を基準日に2週間以内にお届け

 いたしております。(基準日前1年以上白老町に住民登録していることが条件となります。)

 対象者には、毎年ご案内しております。

 


3 施設サービス(老人ホームなど)

 

 施設サービスには「介護保険サービス」と「介護保険対象外サービス」の2種類があり、健康状態や障がいの程度、

 収入などにより、それぞれの状態にあった施設へ入所希望できます。

 

 

4 高齢者見守り・生活支援システム

 

 平成22年8月より、高齢者見守り・生活支援システム事業を開始しました。

 

 高齢者見守り・生活支援システム事業概要案内(563KBytes)

お問い合わせ

高齢者介護課
(白老町総合保健福祉センター) ※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-5541