小児救急電話相談

2016年4月4日

道では、夜間における子供の急な病気やケガ、あるいは誤飲などの際に、保護者からの電話による相談に対し、専任の

看護師や小児科医師による小児救急電話相談を行っております。

 

 

1 小児救急電話相談のご案内 

 

 ・子供が熱を出して、下痢をしています…
 ・子供の咳が止まらなくて…
 ・子供が誤って洗剤を飲んでしまって…   など、小児救急に関する相談を受付けています。

 

 

2 電話番号

 

 011-232-1599

 (プッシュ回線の固定電話及び携帯電話からは短縮ダイヤル「#8000番」も利用できます。)

 

 

3 相談実施日時


 毎日午後7時から翌朝8時まで

 

 

4 ご利用にあたっての注意事項

 

 ○ 医師が直接診察して治療を行うものではなく、あくまで電話による家庭での一般的対処などに関する助言、アドバイス

      を行う ものです。 

    緊急性のある子どもの病気やケガなどについての電話相談ですので、育児相談はご遠慮ください。

 

 ○ 電話相談は、家庭での一般的対処に関するアドバイスであり、医師が直接診療するものではないので、限界がありま

      す。保護者がみて、あきらかに緊急を要する急病の場合は、119番をご利用ください。
 

 ○ 電話が混み合ってつながりにくい場合もありますので、あらかじめ御了承ください。

 

 

5 その他

 

 受診可能な医療機関情報を知りたい方は、下記までお問合せください。

 

北海道救急医療情報案内センター 0120-20-8699  携帯からは 011-221-8699

  

お問い合わせ

健康福祉課
(白老町総合保健福祉センター) ※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-5541