市街化調整区域内における旧住宅地造成事業に関する法律第4条の認可区域内の取扱いについて

2013年1月24日

旧住宅地造成事業に関する法律(昭和39年法律160号)第4条の認可区域につきましては、現在のところ多くの区域が市

街化調整区域に属しておりますが、都市計画法第43条第1項第4号の「・・・・その他の政令で定める開発行為が行われた

土地の区域内において行う建築物の新築、改築若しくは用途の変更・・・」に該当し、都市計画法第43条の許可不要の区

域となっております。

 

白老町では、当該区域内に建築物(建築基準法第6条1項4号建築物)を新築・増改築等を行う場合には、市街化区域に編

入されていない旧住宅地造成事業に関する法律第4条の認可を受けた区域が多数あること及び区域範囲が明確なこと等か

ら、都市計画法に基づく手続きを省略しております。

 

なお白老町では、ご希望により一部400円にて認可区域内の土地である証明書を取ることができますのでご活用ください。

 

 

証明書の様式はこちらから 旧住宅地造成事業認可区域に係る証明願(11.5KBytes)

 

 

 工事着工までのフロー

お問い合わせ

建設課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-4215