町長の活動日誌

2013年2月19日

 

■ 平成25年3月5日(火)
 
130305_町長の活動日誌


北海道日本ハムファイターズ「179市町村応援大使 決起集会」及び「激励会」

 

北海道日本ハムファイターズの「市町村応援大使」を務める選手と応援大使が就任している市町村の代表者が一堂に

会する「決起集会」、今シーズンのチームの活躍を願う「激励会」に参加し、白老町応援大使である鵜久森選手と交流を

深めてきました。優しい笑顔で迎えてくれた鵜久森選手。レギュラー獲得に向け充実したキャンプを過ごしたことが表情

からも伝わってきました。鵜久森選手の今シーズンの活躍に大きな期待が持たれます。

  

  


 

 

■ 平成24年2月3日(日)
130206_町長の活動日誌


 「アイヌミュージアムフェアin広島」

 

道外では横浜、大阪、仙台に次ぐ4回目の開催となる「アイヌミュージアムフェア」が2月3日広島市の広島県民文化

センターで開催されました。小春日和にも恵まれ、定員を大きく上回る600人の観衆がアイヌ民族博物館の繰り出す

アイヌ文化の世界を堪能していました。
今後もアイヌ民族博物館とともに伝統文化の伝承活動を継続していきます。

 

 


 

  

■ 平成24年12月17日(月)

121220_町長の活動日誌

 

 「北海道日本ハムファイターズ「白老町応援大使」就任に伴う記念品贈呈」

 

北海道日本ハムファイターズの北海道移転10年の節目の企画『北海道全力応援プロジェクト』の一環である「北海道

179市町村応援大使」の白老町応援大使として「稲葉篤紀選手」・「鵜久森淳志選手」の就任が決定したのを受け、

球団から両選手のサイン入りユニフォームなどの記念品が贈呈されました。

 

来年1月からの稲葉選手・鵜久森選手の応援大使としての活動に大きな期待をするとともに、白老町としても両選手

全力で応援していきたいと考えています。

 

 


 

 

■ 平成24年11月7日(水)  

 121116_町長の活動日誌

 121116_町長の活動日誌

 

「平成24年度東京白老会総会」 

 

 平成24年度東京白老会総会が、東京のブラッスリーオザミ東京スカイツリーソラマチ店で開催され、会員、来賓など

91名が出席し、一年ぶりに再会した仲間たちと懇親を深め、ふるさと白老について語り合いました。

 

来賓として戸田町長のほか鳩山由紀夫衆議院議員なども駆けつけ、ふるさと白老にエールをいただいた他、白老町

観光大使となった石原可奈子さん(白老町出身ピュアニスト)も出席し、名刺の贈呈式を行いました。会場では白老産の

牛肉やタラコ、鮭などを使った料理が提供された他、白老町の特産品が当たる抽選会や石原可奈子さんのピアノ演奏

なども行われ楽しいひと時を過ごしました。

 

 


 

 

 ■ 平成24年10月23日(火)  

121024_町長の活動日誌

121024_町長の活動日誌

 

「白老町観光大使:牧千恵子氏に観光大使の名刺を進呈」

 

白老町観光大使の牧千恵子氏(ヴァイオリニスト)に「白老町の自然・歴史・文化・食材等を大いにPRしてください」と

白老牛や三冠馬オルフェーヴル号を刷った名刺を進呈しました。

  

 


 

 

■ 平成24年10月22日(月)  

121022_町長の活動日誌

121022_町長の活動日誌

 

「 まちづくり懇談会の開催に向けての現地視察」

 

まちづくり懇談会の開催に向けて各町内会からあげられた意見・要望箇所を現地視察してきました。

今後のまちづくりに向けて、現状を整理し適切に対応していきます。

 

 


 

 

■ 平成24年8月25日(土)

120827_町長の活動日誌

 

 「羽田雄一郎国土交通大臣がアイヌ民族博物館視察」

 

羽田国交相が「民族共生の象徴となる空間」の整備地、ポロト湖畔のアイヌ民族博物館を視察しました。
国交省では3月に象徴空間のイメージ図を作成し、また、7月31日には政府においても象徴空間基本構想を決定

していることから、一日も早い実現を要望しました。

 

  


 

 

■ 平成24年7月11日(水)

120719_町長の活動日誌

 

白老白武館(剣道)全国大会出場に伴う表敬訪問」

 

7月31日(火)から日本武道館(東京都)で開催される第47回全日本少年剣道錬成大会(団体戦)に出場する白老

白武館の選手、監督が表敬訪問されました。今まで支えていただいた方への感謝の気持ちを忘れることなく、普段

どおりの力を発揮し、全国優勝を目指して頑張ってほしいと思います。

 

  


 

 

■ 平成24年6月2日(土)~3日(日)  

120606_町長の活動日誌

120606_町長の活動日誌

  

「第23回白老牛肉まつり参加協力に対し感謝申し上げます」

 

肌寒い天候にも関わらず、町内外から46,600人もの方にご来場いただきまして、心より感謝申し上げます。

震災の復興支援の意も込めまして、姉妹都市の仙台市とつがる市の物産販売も行い、たくさんの方から温かい

ご支援を頂きました。

 

これからも美味しい「白老牛」と白老の地場産品のブランド強化に努めていきたいと思います。

  

 


 

 

■ 平成24年5月21日(月)~22日(火)   

120523_町長の活動日誌

120523_町長の活動日誌 120523_町長の活動日誌

 

 「民族共生の象徴となる空間」整備促進のための九州地方視察

 

5月21日から22日にかけ、戸田町長・小西総務文教常任委員長らが九州地方の国営施設を視察、関係者と

懇談を行い、象徴空間整備の早期実現に向けて精力的に情報収集を行いました。

 

 


 

 

■ 平成24年5月9日(水)    

120515_町長の活動日誌

120515_町長の活動日誌 120515_町長の活動日誌

 

「仙台市視察(災害廃棄物調査)」

 

東日本大震災での震災廃棄物処理について、北海道等からの協力要請に基づいて、今後の広域処理が進んでいく

ものと想定される中で、本町としてどのように協力できるか、被災地での処理状況等を確認することを目的に、姉妹

都市仙台市の協力により視察を実施しました。

 

 



 

■ 平成24年5月4日(金)  

120510_町長の活動日誌

120512_町長の活動日誌

 

 

「ソウルフレンドシップフェア2012」

 

「ソウルフレンドシップフェア2012」への参加にあわせて、韓国の大手旅行会社3社のキーマンに対し、トップセールス

行いました。韓国からの観光客を少しでも多く誘客するため、白老町が持つ魅力(自然・歴史・文化・食材)等を最大限

PRしてきました。

  

 


 

 

■ 平成24年4月12日(木)    

120412_町長の活動日誌

120412_町長の活動日誌 120412_町長の活動日誌

 

「道央圏港湾広域連携協議会」

 

苫小牧港、室蘭港、小樽港、石狩湾新港、白老港の道央圏5港と北海道開発局は、大規模災害発生時の相互応援に

関する協定を締結しました。

 

  


 

 

■ 平成24年2月13日(月)    

120213_町長の活動日誌

120213_町長の活動日誌 120213_町長の活動日誌

  

「青森県つがる市長表敬訪問」

 

大雪のなか、姉妹都市つがる市へ行って参りました。
福島市長様はじめつがる市の皆様には温かく迎えて頂き、交流を深めることができました。
また、お会いできる日を楽しみにしています。

 

お問い合わせ

総務課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-4277