マイマイガ類の幼虫の駆除にご協力ください

2014年5月23日

現在、町内では、昨年大量発生した「マイマイガ」「カシワマイマイ」の孵化幼虫が確認されています。

 

「マイマイガ」、「カシワマイマイ」の大量発生を防ぐため、幼虫の駆除のご協力をお願いいたします。

「マイマイガ」、「カシワマイマイ」は成虫になると駆除が難しいため、幼虫の段階で駆除することが重要となります。

 

 

幼虫.jpg

 

 

◇幼虫の駆除方法について

 

 卵から孵った直後の幼虫の時期は、発疹の恐れがありますので、幼虫に直接触れないように注意してください。

 幼虫の駆除方法は、孵化してから体長10ミリメートル以下の幼虫時は市販されている殺虫剤を使用します。

 それ以上になると殺虫剤が効きにくくなるので、成虫が卵を産み付けた家屋の外壁等を観察し、早期に発見して

 殺虫剤で駆除します。

 大きくなった幼虫を捕獲する場合はビニール手袋をするか火箸などを利用します。水と洗剤の入ったバケツなど

 に捕まえた幼虫を入れ処分します。集めた幼虫は土に埋めるか、袋にまとめて燃やせるごみとして処理します。

 

 

 【殺虫剤を使用する際の注意事項】

 

 散布する時は、通行人や周辺住民に十分配慮し、周囲に飛散しないようご注意ください。

 風の弱い日を選び、できるだけ風上から散布しましょう。

 

 

 マイマイガの生態・被害・防除 (北海道立総合研究機構林業試験場のパンフレット PDF 2.69MB)

 

 

 その他ご不明な点につきましては、生活環境課環境グループ(電話82-2265)までお願いします。

 

お問い合わせ

生活環境課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-2265