一酸化炭素中毒を防止しましょう!!

2015年10月2日

 LPガスを「ご家庭」「業務用厨房」でお使いの皆様。近年、一酸化炭素中毒事故が増加しています。

 

 

 物が燃焼するためには、新鮮な空気(酸素)が必要です。燃焼機器が劣化していたり、換気が不十分の

 

まま燃焼すると不完全燃焼となり、有毒な一酸化炭素が発生し一酸化炭素中毒となる恐れがあります。

 

 一酸化炭素は毒性が強いうえに無色・無臭です。そのため、気づかないうちに中毒症状を起こし、重傷になると

 

身体の自由が奪われ、避難できずに死亡してしまうこともありますので、下記のポイントに注意し、取扱いに

 

十分気をつけましょう。

 

 

  

 ◇◇◇一酸化炭素中毒を防ぐ3つのポイント◇◇◇

 

 1.換気を忘れない

 

 2.機器は定期的に清掃する

 

 3.一酸化炭素警報器を取り付ける

 

 

 

  

 安心・安全な使用を心がけましょう!!

  

 ● CO(一酸化炭素)中毒事故防止リーフレット

 

  CO(一酸化炭素)中毒事故防止リーフレット(1.91MBytes)

 

 

 ● 事故事例一覧 

 

  食品工場及び業務用厨房施設における一酸化炭素中毒事故一覧(120KBytes)

お問い合わせ

消防本部
予防課 ※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-83-1119