白老町避難所運営マニュアルについて

2016年4月28日

白老町が昨年5月から開始した町内会・防災関係団体・町職員による「避難所運営マニュアル作成

検討会」において5回の検討会を開催し作成しました。

マニュアルは、「開設と運営の手順」「生活ルールブック」「様式集」の3部構成で、運営にかかわる

町内会や避難者、担当職員の役割を明確化。作成にあたっては、災害の種類や避難所施設を

特定せず、避難所生活が長期化した場合を考慮し、どの災害、どの施設でも活用できる「標準形」の

マニュアルです。

 

 開設と運営の手順(538KBytes)

 

 生活ルールブック(267KBytes)

 

 様式集(1.9MBytes)

 


<開設と運営の手順>
 避難所運営の標準的な組織や運営の流れ、活動班の内容と手順について記載しています。

 

1 避難所の考え方と役割について
 避難所は、避難を必要とする方を一時的に受け入れ、必要最低限の生活を支援する施設であり、
 その運営は、町内会、避難者、町、施設がそれぞれ役割を担当し協働して行います。

 

2 避難所開設までの流れ
 原則、避難所の開錠と安全確認は、町職員または施設管理者が実施します。施設職員が不在で

 町内会が鍵を保有している場合のみ、町内会が開錠および安全確認を実施します。

 

3 避難所運営委員会
 避難所を運営する組織の標準例を記載しています。ただし、活動班の編成は災害の規模や避難者
 数によって柔軟に対応する必要があります。

 

4 避難所運営の流れと活動班の内容
 避難者収容時点から、活動班ごとにすぐやること、落ち着いたらやることなど時系列で整理し、
 活動内容の手順を記載しています。

 

 


<生活ルールブック>
 避難所生活に必要なルールを参考例として次の項目を記載しています。

 

 共通ルール・共同生活上のルール・トイレ使用のルール・火気使用のルール・夜間の警備体制・
 食料配付のルール・ペット飼育のルール・マスコミ対応のルール・来訪者への対応ルール・郵便物の
 取り次ぎルール・特設公衆電話の使用ルール

 

 


<様式集>
 様式集では、避難所開設チェック表で「避難者カード」「名簿」「ペット登録台帳」「物資配送依頼書」

 など8様式を集約しました。

お問い合わせ

総務課
危機管理室 ※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-85-3080