熱中症予防について

2016年7月13日

熱中症予防について

 

毎年、熱中症で救急搬送されている方が増えています。

 

熱中症は、炎天下で発生するだけではなく室温の高い部屋でも発生しています。

 

特に、高齢者や小さい子どもに多く見られています。

 

夏の暑い時期には以下の事に注意して快適な夏を過ごしましょう。

 

 

 ○ 部屋の温度をこまめにチェック !
   (普段過ごす部屋には温度計を置くことをお奨めします)


 ○ 室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう !


 ○ のどが渇かなくてもこまめに水分補給 !


 ○ 外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!

 

 ○ 無理をせず、適度に休憩を !


 ○ 日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを !

 

 熱中症予防リーフレット(1.22MBytes)

 

詳しくは、消防庁ホームページを参照して下さい。

 

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2.html (別ウィンドウで表示)

お問い合わせ

消防本部
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-83-1119