特定不妊治療費助成事業のお知らせ

2018年4月4日

白老町では不妊治療を受けている方の経済的負担を軽減するため、平成28年4月より特定不妊治療費助成事業を実施

しています。


平成30年4月から助成内容が変更になりました。

(新たに男性不妊治療費の助成を開始し、女性の助成額を一部増額しました)

 

☆助成開始基準日
 (1)平成30年3月31日までに治療をされた方:変更前の助成内容が適用になります。
 (2)平成30年4月1日以降に治療をされた方 :変更後の助成内容が適用になります。

 

☆対象となる治療
  配偶者間の不妊治療で、高額な医療費となり保険適用外の体外受精・顕微授精(特定不妊治療)にかかる費用の一部

  を助成します。

 

女 性

 

 医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中断した場合についても、卵胞が発育しないなど、卵子の

 採取前に中止した場合を除き、助成の対象とします。

 

男 性

 

 特定不妊治療に至る過程の一環として、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(男性

 不妊治療)を行った場合は助成の対象とします(採卵を伴わない治療を除く)。
 保険適応外の手術費用、凍結費用を対象とします。
 男性不妊治療単独での申請は対象となりませんが、採卵前に男性不妊治療を行ったが、精子が採

 取できず治療が終了した場合に限り、男性不妊治療のみで助成します。

 

対象外

 

 ※夫婦以外の第三者から提供を受けた精子・卵子・胚による不妊治療や代理母による治療法は対

   象外。
 ※入院室料や食事代など、治療に直接関係ない費用は含まれません。
 ※男性不妊治療の場合、検査費用は対象外。

 


☆助成対象者(すべてに該当すること)
 1 白老町に住所がある方 
 2 法律上の婚姻をしている方
 3 妻の年齢が43歳未満
 4 北海道が実施する特定不妊治療費助成の決定を受けている方
 5 夫婦とも町税等の滞納が無いこと
 6 他の市町村の助成を受けていない者又は受ける予定がない者
 *「年齢」は、「1回の治療」の開始時点(採卵準備のための投薬開始日等)で判断します。
 *「1回の治療」とは、採卵準備のための投薬開始から、体外受精または顕微授精1 回に至る治療の過程を指します。

 

☆助成額と助成回数
 ・対象となる治療費に対して1回の治療につき、次の金額を上限に助成します。

 ・助成回数は、通算で40歳未満6回、40歳~43歳未満3回まで。

 

 

治療区分

 

治療内容  1回の治療に対する助成上限額

(女性)

1回の治療に対する助成上限額

(男性)

A

 

新鮮胚移植を実施

 

10万円 5万円
B

 

凍結胚移植を実施

 

10万円 5万円
C

 

以前に凍結した胚を解凍して肺移植を実施

 

5万円 非該当
D

 

体調不良等により移植のめどが立たず治療終了

 

10万円 5万円
E  

受精できず

または、胚の分割停止、変性、多精子受精等の異常受精等により中止

 

10万円 5万円
F

 

採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止

 

5万円 5万円

   

☆助成の手続き
 北海道の特定不妊治療費助成の決定を受けた後、45日以内に白老町健康福祉課健康推進グループへ申請してください。

 

◎申請に必要なもの
 1 特定不妊治療費助成金交付申請書 (申請書は健康福祉課にあります。

   または、こちらからダウンロードできます。→不妊治療費助成申請書(兼男性不妊)(700KBytes)
 2 北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定通知

お問い合わせ

健康福祉課
健康推進G ※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-5541