民族共生象徴空間周辺整備の取組みについて

2018年11月5日

民族共生象徴空間周辺整備の取組みについて

 

 アイヌ文化復興のナショナルセンターとして、ポロト湖畔に整備される民族共生象徴空間(以下「象徴空間」といいます。)

 

 が、2020年4月24日に一般公開される予定となっております。

 

 白老町では、象徴空間の開設地として、年間100万人を超える来場者をお迎えするため、周辺整備事業に取り組んでお

 

 り、その取り組み状況についてお知らせします。

 

 

~主な周辺整備事業~

 

 象徴空間周辺整備計画図(1.02MBytes)

 

 白老駅周辺整備方針(2.86MBytes)

 

 大型バス駐車場整備(386KBytes)

 

 国道36号白老拡幅(国)(732KBytes)

 

 道道白老大滝線整備(北海道)(833KBytes)

 


○宿泊・日帰り入浴施設整備(民間)について

  

  プロポーザル結果

 

  パートナーシップ協定  

 

※クリックすると整備内容の詳細がご覧になれます。

※最新情報は、本ページにて随時お知らせいたします。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

象徴空間周辺整備推進課
周辺整備推進グループ ※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-7739
ファクシミリ:0144-82-4391