風しんにご注意ください

2019年2月20日

■風しんにご注意ください

 

 現在、関東を中心に風しんの届出数が増加しており、北海道内でも複数の届け出が出ております。

 

 風疹にかかったことのある方や風疹の予防接種を受けたことがある方、または風疹に対する抗体が陽性と確認できてい

 る方以外は、風しんの抗体検査を受けたり、任意で風しんの予防接種を受けることをご検討ください。

 (特に30代から50代の男性においては、同年齢の女性と比べ風しんの抗体保有率が低いことがわかっています。)

 

 

■妊娠を希望する女性、妊婦とそのご家族へ

 

 先天性風しん症候群(CRS)を防ぐため、現在妊娠中の女性やそのご家族、妊娠を希望するまたは妊娠する可能性が

 高い女性は、下記チラシを参考に、風しんの抗体検査受けたり、任意で風しんの予防接種を受けることをご検討くださ

 い。

 先天性風しん症候群(CRS)とは…風しんの免疫を保有していない女性が妊娠中に感染し、風しんウイルスが胎児に感

 染することで、主に白内障、先天性心疾患、難聴などの症状を引き起こすこと。

 

 

成人男性の風しん予防(1.67MBytes)

 

 

 なお、特定の条件に該当される方は、北海道から風しんの抗体検査にかかる費用の助成を受けることができます。

 詳しくは こちら をご覧いただくか、苫小牧保健所へお問い合わせください。

 

お問い合わせ

健康福祉課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-5541