新生児聴覚検査の公費負担のご案内

2020年4月7日

平成31年4月1日から新生児聴覚検査の公費負担を実施しています。 

 

【新生児聴覚検査を必ず受けましょう】

 
   赤ちゃんの聴覚に異常がないかを早期に発見するための検査です。
聴覚検査は早期に適切な援助を開始することによって、コミュニケーションの形成や言語

発達の面で大きな効果が得られるので、早期発見が重要です。
近年、新生児期でも正確度が高く安全で、かつ、多数の児に短時間で簡便に検査が実施

できる検査機器が開発され、新生児聴覚スクリーニングが可能となりました。
   生まれつき、両側の耳の聞こえに異常があるお子さんは1,000人に1~2人と言われ

ています。
この検査により、聴覚の異常を早期に発見し適切な治療を行うことで、言葉の発達への

大きな効果が期待できます。
聞こえの障害は目に見えず発見が遅れがちですが、早期に発見するためにも、新生児

聴覚検査を受けることをお勧めします。
   検査は産院等でできます。

 

 新生児聴覚検査リーフレット(1.25MBytes)

 

【公費負担の対象者】

 
   平成31年4月1日以降に出生し、生後3ヵ月までに新生児聴覚検査を受診した新生児

の保護者で、検査日において白老町内に住所を有する方

 

 

【公費負担の額】

 
新生児聴覚検査の初回検査の費用について、支払い金額のうち3,000円(上限)を助成
※対象者1人につき1回限り、上記額を超えた料金は自己負担

 

 

【手続き方法】

 

 北海道内の医療機関

 

 母子健康手帳の交付の際に交付された新生児聴覚検査受診票を、医療機関へ提出してください。

 白老町から医療機関へ委託料を支払いますので、保護者の方のお手続きは不要です。

 

 北海道外の医療機関

 「白老町新生児聴覚検査費給付請求書(新生児聴覚検査費給付請求書(様式第1号)(89.1KBytes))」 に

 ご記入・押印の上、検査時の領収書の写しと併せて白老町健康福祉課へご提出ください。検査にかかった費用のうち、

 上限3,000までを払い戻しいたします。

 お手続きは、検査実施日から3カ月以内に行ってください。

 

 

お問い合わせ

健康福祉課
健康推進グループ ※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-5541
ファクシミリ:0144-82-5561