2019年度のできごとです。

 

 

冬のポロトの森を学習しよう

2020年2月23日(日) 冬のポロトの森を学習しよう
 
ポロト自然休養林において、白老ノルディックウォーキング主催の「冬のポロトの森を学習しよう」

が開催されました。参加者はカンジキで雪の上を2.5km歩き、気持ちの良い汗をかきながらポロト

の森を満喫しました。

【まなびと!】「多文化共生」を考えるワークショップの開催

2020年2月16日(日)  【まなびと!】「多文化共生」を考えるワークショップの開催

 

東京大学ENTACKの学生6名が本町の小中学生を対象に「多文化共生」をテーマとしたワーク

ショップを開催しました。その他、アイヌ文様刺しゅう講座やアイヌの伝統料理作り体験を実施し、

31名の方にご参加いただきました。

「ウポポイ開設100日前イベントinしらおい」開催結果

「ウポポイ開設100日前イベントinしらおい」開催結果

 

1月13日に開催した「ウポポイ開設100日前イベントinしらおい」は約700名の方々がご来場し、

イベントを一緒に盛り上げていただきました。

「ウポポイ開設100日前イベントinしらおい」開催

2020年1月13日(月・祝日) 「ウポポイ開設100日前イベントinしらおい」開催

 

ウポポイ開設100日前を記念して、白老町でイベントを開催いたします。
俳優の森崎博之さんによるトークショーや白老町観光大使の石原可奈子さんによるピアノ演奏、

アイヌ文化を体感できるプログラムなどをご覧いただけます。

第1回森のわくわくフェスティバル

2019年12月8日(日) 第1回森のわくわくフェスティバル

 

萩の里自然公園において、第1回森のわくわくフェスティバルが開催され、13組31名の親子が参加

されました。雪景色の中、ゲーム感覚で自然観察を行ったあと、餅つき・まゆ玉づくり・門松づくり

などのお正月にちなんだ遊びを満喫しました。

白老町地域おこし協力隊活動報告会

2019年11月13日(水) 白老町地域おこし協力隊活動報告会

 

白老コミュニティセンターにて、白老町地域おこし協力隊員6名による活動報告会を開催しました。

42名の方にご参加いただき、各隊員がこれまで行ってきた活動や今後の目標について発表しました。

一日防災学校

2019年10月26日(土) 一日防災学校

 

平成30年度より北海道地域防災計画の防災教育を普及推進、また第2次学校安全の推進に関する

計画で全ての学校で家庭・学校・関係機関との連携し、分担して学校安全に取り組むことが必要と

されていることから、地域の核となる学校を活用しました。

郷土給食の日

2019年10月9日(水) 郷土給食の日

 

町内各小中学校で郷土給食が実施されました。
阿部牛肉加工株式会社様より白老牛の寄贈を受け、その白老牛と白老産シイタケを使った「牛丼」

を提供。ほかにも白老産の野菜をふんだんに使った「大根の味噌汁」と「キャベツとブロッコリーの

サラダ」が登場し、児童生徒たちは笑顔でふるさとの味を堪能していました。

アイヌ伝統料理(給食メニュー)

2019年9月24日(火) アイヌ伝統料理(給食メニュー)

 

町内3か所の保育園(はまなす・海の子・緑丘)では、アイヌ文化に触れる取り組みの一つとして、

年に1度給食の献立にアイヌの伝統料理を取り入れています。
今回のメニューは、肉団子入りの汁物「チタタㇷ゚オハウ」ジャガイモと鮭の和え物「ラタㇱケㇷ゚」

イナキビおにぎりの3品でした。

両親教室(パパママ教室)(1回目)

2019年9月19日(木) 両親教室(パパママ教室) (1回目)

 

ミナパチセにて開催しました。2名の育児中のママの参加があり、妊婦さん対象の「お母さん編」

から、参加者の個別の質問に返答するという形に実施内容を変更しました。
講師の長島助産師と参加者の距離が近く感じられ、温かみのある教室でした。
次回は11月22日(金)10時~ナチュラルサイエンスにて赤ちゃん編を実施します。妊婦さんや

1歳未満のお子さんを育児中のパパママの参加をお待ちしています。

白老町防災訓練

2019年8月31日(土) 白老町防災訓練

 

全町一斉避難訓練では、地震発生と大津波を想定し、9時より緊急速報メールや防災行政無線を

使用し高台への避難を呼びかけました。
また今年度は、萩野・北吉原地区を対象とした、部分訓練を萩野小学校にて実施しました。
避難所開設訓練・土のう作成訓練・炊き出し訓練などを実施し、訓練全体で約1,300名ほどの方が

訓練へ参加しました。

つがる市児童交流体験プログラム

2019年8月5日(月)~6日(火) つがる市児童交流体験プログラム

 

白老町の姉妹都市であるつがる市の児童22名が来町されました。
白老牛の焼肉やキンボールなど、白老ならではの食、体験を通して白老町児童との交流を深め

ました。

パクパク探検ツアー

2019年7月29日(月) パクパク探検ツアー

 

パクパクしらおい(しらおい食育防災センター)にて、学校給食への理解を深めるとともに、給食業務

に携わる人や食に対する感謝の心を養うことを目的とした『パクパク探検ツアー』が開催されました。

児童12名、保護者等11名の方に参加いただき、普段は入れない調理場を見学し、地元食材を活か

したカツカレー、サラダの調理を行いました。

図書館子ども一日司書

2019年7月20日(土) 図書館子ども一日司書

 

小学生に図書館への理解を深めてもらうことを目的として町立図書館で「図書館子ども一日司書」

を実施しました。虎杖小学校の6年生2名が参加し、カウンターでの貸出、返却などの業務のほか、

本のカバーかけなどの仕事を体験しました。

片平丁小学校訪問団来町

2019年7月10日(水) 片平丁小学校訪問団来町

 

白老小学校の姉妹校である、仙台市片平丁小学校から、佐藤校長率いる8名が交流のため来町し、

役場を表敬訪問しました。
一行は、白老小学校との交流を深めながら町内関連施設の見学や体験、ホームステイをおこない

ながら12日まで滞在します。

【東大生 × 小中学生】体験型イベント「まなびと!」の開催

2019年6月29日(土) 【東大生 × 小中学生】体験型イベント「まなびと!」の開催

 

平成31年2月に本町と東京大学先端科学技術研究センターによる包括協定締結のご縁から、

昨年度3月26日に「東大生と楽しく学ぼう!」実施し、前回に引き続き「まなびと!」を開催しました。
前回の小中学生向けのワークショップや昼食づくりに加え、今回から地域住民が普段どのような

仕事・生活をしているのかを知る機会として「町の先生」実施しました。

東京2020みんなのスポーツフェスティバル

2019年6月15日(土) 東京2020みんなのスポーツフェスティバル

 

萩野小学校は、東京2020年オリンピック・パラリンピック教育実施校「ようい、ドン! スクール」の

認証を受け、通常の運動会を「東京2020みんなのスポーツフェスティバル」として開催しました。
児童が手作りした聖火トーチの聖火リレーから開幕し、ハギリンピック2019、ムシリンピックなど

オリンピックにちなんだ種目を行いました。
「東京五輪音頭-2020-」を「未ら来る~New Generation~」として表現しました。

第30回白老牛肉まつり

2019年6月1日(土)・2日(日) 第30回白老牛肉まつり

 

高速白老インターチェンジ前河川敷特設会場にて、第30回白老牛肉まつりが開催され、およそ

5万人の来場客で賑わいました。
両日ともに好天に恵まれ、会場では白老牛はもちろんのこと、地場の食を多くのお客様にご堪能

いただきました。

元日本代表GK楢崎正剛氏表敬訪問

2019年5月20日(月) 元日本代表GK楢崎正剛氏表敬訪問

 

サッカー名古屋グランパスCSF(クラブスペシャルフェロー)で元日本代表GKの楢崎正剛さんが、
5月20日と5月21日町内の小中学校等でサッカー教室や講演会を実施するにあたり、町長へ

表敬訪問に参られました。

白老牛肉まつり招待券贈呈

2019年4月25日(木) 白老牛肉まつり招待券贈呈

 

6月1日(土)、2日(日)に第30回白老牛肉まつりが開催されることとなり、主管の白老牛肉まつり

実行委員会から町内の新小学校1年生76名に対し招待券が贈呈されました。
招待券は白老牛と引き換えることができ、郷土の味を郷土のイベントで堪能し、思い出となる

ことでしょう。