白老町結婚新生活支援補助金

2020年4月1日

 白老町では、結婚に伴う新生活を支援するため、新婚世帯の住宅取得や賃借、

または引越しに係る費用を最大30万円まで補助します。

 

 

◯対象世帯

 

 令和2年4月1日から令和3年3月31日までの間に婚姻届けを提出し、受理された新婚世帯

 

 

◯補助要件

 

 申請時点において、次の要件を全て満たす場合に申請が可能です。

 

 1.婚姻日における年齢が夫婦共に34歳以下であること。

 

 2.夫婦の合計所得金額が340万円未満であること。

 

 3.夫婦の双方又はどちらか一方の住民票が町内にあること。

 

 4.補助金の交付日から、2年以上町内に居住する意思があること。

 

 5.市町村民税等に滞納がないこと。

 

 6.他の公的制度による家賃補助等を受けていないこと。

 

 7.過去にこの制度の補助を受けたことがないこと。

 

 

夫婦の合計所得金額の算出方法

 

 令和2年6月30日までの申請の場合は、平成30年分の所得に基づき算出します。

 令和2年7月1日以降の申請の場合は、令和元年分の所得に基づき算出します。

 

 夫婦の双方又は一方が離職し、申請時において無職の場合、離職した者については、所得なし

 として夫婦の合計所得金額を算出します。

 

 夫婦の双方又は一方が、貸与型奨学金(公的団体や民間団体から貸与された資金)の返済を

 行っている場合、夫婦の合計所得金額から年間返済額を控除することができます。

 

 

◯対象経費

 

 令和2年4月1日から令和3年3月31日までの間に支払いを行った次の費用

 

 ▶住居費(購入)

 

 婚姻に伴い取得した住宅の購入費

 ※土地の購入費、リフォーム費、増改築費は対象外です。

 

 住居費(賃借)

 

 婚姻に伴い賃借した住宅の賃借費用(賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料)

 ※夫婦の一方が婚姻前に契約し居住していた住宅について、他方が後に当該住宅に入居した

   場合は、同居開始後に支払った費用のみが対象です。

 ※駐車場代、鍵交換代、クリーニング代など賃借費用に付随して発生する費用は対象外です。

 

 引越費用

 

 婚姻に伴い取得又は賃借した住宅や、夫又は妻が居住していた住宅への引越費用のうち、

 引越業者又は運送業者へ支払った作業費や運送費

 ※友人に頼む等により要した引越費用については対象外です。

 

 

◯補助額

 

 1世帯あたり30万円を上限に補助します。

 ただし、他の補助金や勤務先からの住宅手当などを受けている場合は、その額を控除します。

 

 

◯申請期間

 

 令和3年3月31日まで

 ※申請をスムーズに行っていただくために、事前にお越しいただく(またはお電話いただく)ことを

   おすすめします。

 

 

◯補助金の申請方法

 

 「白老町結婚新生活支援補助金交付申請書」に、以下の書類を添えて、企画課(白老町役場2階)

 まで提出してください。郵送やFAXでの提出はできません。申請書類はこのページでダウンロード

 することができるほか、企画課でも配布しています。 

 

 

◯様式等

 

白老町結婚新生活支援事業費補助金要綱(136KBytes)

様式第1号_交付申請書(20.7KBytes)

様式第2号_住宅手当等支給証明書(16.8KBytes)

様式第3号_無職無収入申出書(13.8KBytes)

様式第4号_交付・不交付決定通知書(16.3KBytes)

様式第5号_変更承認申請書(47.0KBytes)

様式第6号_変更承認・不承認決定通知書(16.5KBytes)

様式第7号_実績報告書(19.1KBytes)

様式第8号_家賃等支払内訳書(20.3KBytes)

白老町結婚新生活支援事業補助金Q&A(323KBytes)

お問い合わせ

企画課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-8213
ファクシミリ:0144-82-4391