新型コロナウイルス感染症拡大に伴う消毒用アルコールの取扱いについて

2020年4月20日

消毒用アルコールの取扱いについて


新型コロナウイルス感染症が拡大する中、消毒用アルコールを使用する機会が増えています。

 

消毒用アルコールに使われるエタノールは消防法で定める危険物に該当します。

 

エタノールの引火点(火を近づけた場合に着火する最低の温度)は13℃前後と、灯油や軽油(引火点

 

40~45℃)より低いことからも、取り扱う際には、注意が必要です。

 

(リーフレット)消毒用アルコールの安全な取扱いについて(637KBytes)

 

アルコールを取り扱う際の注意事項

 

1 消毒用アルコールの使用に際して、火気の近くでは使用しないこと。

 

2 室内の消毒や消毒用アルコールの容器詰替え等に伴い、可燃性蒸気が滞留するおそれのある場

 

  合には、通風性の良い場所や換気が行われている場所等で行うこと。


  また、みだりに可燃性蒸気を発生させないため、密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧

 

  は避けること。

 

3 消毒用アルコールの容器を設置・保管する場所は、直射日光が当たる場所や高温となる場所を

 

  避けること。


  また、消毒用アルコールの容器を落下させたり、衝撃を与えたりする等しないこと。

 

4 消毒用アルコールを容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれ又は飛散しないよう注意すること。

 

  詰め替えた容器に消毒用アルコールである旨や「火気厳禁」等の注意事項を記載すること。

 

 

消毒用アルコールの貯蔵について


消毒用アルコールは、消防法で定められた危険物として指定されているものがあり、「第4類アルコール類」として規制されます。


「第4類アルコール類」を一定数量以上の貯蔵する場合は、以下のとおり、届出及び許可等が必要となります。

 

事前に消防本部予防課へご相談願います。

 

 

消毒用アルコール貯蔵量 必要な手続き         窓口    
 80リットル未満  なし  
 80リットル以上400リットル未満  少量危険物貯蔵・取扱(変更)届出書  消防本部予防課又は消防署
 400リットル以上  仮貯蔵・仮取扱承認申請書又は危険物設置許可申請書  消防本部予防課

 

 少量危険物貯蔵取扱い届出書(様式第18号)(33.5KBytes)

 

仮貯蔵・仮取扱い承認申請書(様式第1号)(23.7KBytes)

 

危険物設置許可申請書(様式第2)(29.0KBytes)

          ※許可申請書の他、許可区分に基づく構造明細書の提出が必要となります。 

      

      必要書類に関しては、消防本部予防課に相談願います。

 

お問い合わせ

消防本部
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-83-1119
ファクシミリ:0144-83-1190