新型コロナウイルスの影響による国民健康保険税の減免について

2020年7月31日

新型コロナウイルスの影響による国民健康保険税の減免制度について

 

新型コロナウイルスの影響により次の要件を満たす世帯は、保険税減免の対象となります。

  

対象となる人

 

○対象世帯(1)

主たる生計維持者が死亡、または重篤な傷病を負った世帯。

 

○対象世帯(2)

主たる生計維持者の令和2年2月以降の事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入)の減少が見込まれ、次の1~3の要件すべてに該当する世帯。

※年金、株式の配当、譲渡、一時所得など上記以外の収入の減少は対象外です。

 

1.主たる生計維持者の令和2年中の収入のいずれかが、令和元年中に比べて3割以上減少する。

※保険金(傷病手当金や休業手当)、損害賠償等により補填される金額がある場合は減少額から控除します。

 

2.主たる生計維持者の令和元年中の合計所得金額が1,000万円以下である。

 

3.主たる生計維持者の令和元年中の「事業収入等以外の所得(雑所得、配当所得、長期譲渡所得等)」と「事業収入等の中で減少率が3割に満たない収入にかかる所得」の合計額が400万円以下である。

 

ただし、上記1~3すべてに該当しても、雇用保険の受給資格がある方で保険税軽減の対象(非自発的失業者)となるときは、給与収入の減少による減免は対象外です。

 

 

◆減免の対象となる保険税と減免額
  

○減免の対象となる国民健康保険税

 

・令和元年度分→令和2年2月分・3月分の保険税(特別徴収の場合は令和2年2月徴収分)

 
・令和2年度分→全期間分の保険税


※対象となる保険税を既に納付されていても減免の対象となります。減免適用後に還付となる場合は、別途お知らせします。

 

○減免額


対象世帯(1) → 全額免除

 
対象世帯(2) → 一部免除

 
減少が見込まれる事業収入等に係る令和元年の所得金額等をもとに次の計算式により減免額を計算します。

 

 

【 減免額の計算式 】

 

〈表1〉対象保険税額(A×B÷C) × 〈表2〉減額または免除の割合(D) = 保険税減免額 

  

〈表1 対象保険税額〉

 対象保険税額 = A × B ÷ C

 A:当該世帯の被保険者全員について算定した保険税額

 

 B:世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額

 (減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)

 

 C:被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及び当該世帯に属する全ての被保険者につき算定した前年の合計所得金額

※減少が見込まれる事業収入等に係る令和元年中の所得額(B)が0円以下の場合は、上記計算式にあてると減免額は0円となります。

 

 

〈表2 減免または免除の割合〉

主たる生計維持者の令和元年中の合計所得金額 減免または免除の割合(D)
前年の合計所得金額にかかわらず、事業等の廃止または失業したとき 10分の10
300万円以下 10分の10
400万円以下 10分の8
550万円以下 10分の6
750万円以下 10分の4
1000万円以下 10分の2

 

 

申請方法と申請書類

 

○申請方法

 

まず、国保・年金グループへお電話ください。対象となる方へ後日申請書類を送付いたします。(申請書はホームページからもダウンロードできます。) 

 

◆申請書ダウンロードはこちら

 

    国民健康保険税の減免申請書(127KBytes)

 

    収入金額等申立書(177KBytes)

 

  

◆申請書類 

 

○対象世帯(1)(2)共通


・「国民健康保険税の減免申請書」および「収入金額等申立書」

 

○対象世帯(1)に該当


・死亡診断書、入院勧告書、医師の診断書など感染の事実が確認できる書類の写し

 

○対象世帯(2)に該当


・令和2年2月以降前年と比較し3割以上減少となった月の給与明細、売上帳など収入状況を証明する書類の写し


・廃業届、離職票、退職証明書など廃業や失業を証明する書類の写し


※対象世帯(2)に該当する場合でも審査の結果、減免とならないことがあります。


 

【例】収入が減少していても、保険税算定のもととなる所得がないとき


   ・令和元年中の給与収入が65万円以下のとき


   ・令和元年中の事業収入の売上を同年の必要経費が上回っているとき  など

 

 

◆送付先

 

〒059-0995


白老町大町1丁目1番1号


白老町役場 町民課 国保・年金グループ 

 

お問い合わせ

町民課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-2325
ファクシミリ:0144-82-4391