すこやかnews vol.9

2020年10月1日

10月テンプレートVol.9

 

 

 「最強オハウを科学する」

 

~ 最強の野菜スープ × オハウ ~

 

      コロナ対策の日々が続き、感染症シーズンが到来しようとしています。

 

 広報でもお知らせしましたが、9月は、食生活改善普及運動期間でした。

食欲の秋、これから美味しくなる食材もたくさんありますね。

美味しい食材をたくさん取り入れて、バランスの良い食事を心がけて、コロナにも他の感染症にも負けないようにしましょう。

 今回のすこやかnewsでは、以前に広報げんきや、すこやかnews vol.6の最後にもご紹介しました、オハウのオリジナルレシピについてお話ししたいと思います。

実は、前回紹介したレシピは『最強の野菜スープ』の作り方を参考にして、抗酸化作用が上がる方法で調理しています♪

 

 

『最強の野菜スープ』

 

 

、、、、、、、さて、はて?

 

みなさん、ご存知でしたか?


 この『最強の野菜スープ』、前田浩先生という抗がん剤の研究・開発をされている医師の先生が考えられたものです。

抗がん剤。がん細胞をやっつけられるなら、こんないいことはない、、、? しかし、現実は違います。
 従来の抗がん剤は、がん細胞だけではなく、正常細胞も傷付けてしまい、重い副作用を伴います。

加えて、最新の抗がん剤は治療費がきわめて高額で、誰もが十分な治療を受けられるわけではありません。

そこで前田先生は、正常細胞を傷つけない抗がん剤を開発しました。

 

 

しかし、予防がいちばん大切です。

 

 

そこで注目されたのが、野菜をはじめとする植物に含まれる『ファイトケミカル』という成分です。

この抗酸化作用がすごいんです。

 


 人間は皮膚に紫外線が当たりすぎると、皮膚がんになってしまったりします

しかし、植物はあんなに日光を受け、紫外線が当たっても皮膚がんになったりしませんね。

そこで植物に含まれる『ファイトケミカル』の強い抗酸化作用が注目されたわけです。

 

 がんをはじめ、ほとんどの病気や老化に密接に関わっているのが『活性酸素』です。

これは、通常の酸素が変質したものです。激しく活性化して他の物質を攻撃するんです。

いわゆる、「酸化」です。鉄が錆びるのも酸化で、これは皆さんの体の中でも起こっていることなんです。

 

 

酸化を抑える(活性酸素を抑える)ことはできます。 「抗酸化」するんです。 

 

 

今回のすこやかnewsでも、もう一度最強オハウ(最強の野菜スープ×オハウ)のレシピをご紹介します。

(※前回よりも簡単に作れる方法でご紹介します。)

 

 

 

~鮭のオハウ~

 

【 材料 (1人分) 】                  【 下準備 】

 

鮭   1/2切れ                  (3cmに切り、酒をまぶす)

 

昆布      2g                 (鍋に入れ、一晩水につけておく)

 

水  180ccほど

 

にんじん  1/8本                (薄皮を残して乱切りにする) ※気になる場合は皮を取り除きましょう。

 

大根     2cm                (皮つき乱切りにする) ※気になる場合は皮を取り除きましょう。

 

ごぼう    1/8本                (皮つき乱切りにする) ※気になる場合は皮を取り除きましょう。

 

じゃがいも  1/8本                (皮をむいて3cmの乱切りにする)

 

ほうれん草  1株                (3cmに切り、下茹でする)

 

長ねぎ    1/2本               (斜めに切る)

 

油   適量(小さじ1程度)

 

 

 

【作り方】

 

1.昆布と水が入った鍋にほうれん草、長ねぎ以外の野菜を入れて蓋をして、火にかけます。

 

2.フツフツとしてきたら、昆布を取り除きます。(使用したい場合は、切って後ほど入れましょう。)

 

3.フタを戻して、弱めの中火で15~20分ほど煮て、一旦火を止めます。

 

4.フタをとり、弱火にして、鮭、ほうれん草、ねぎを入れ、鮭の色が変わるまで煮ます。

 

5.火を止めて油をまわしかけ、盛り付けて完成です。

 

 

 

 

★ 最強にするポイント ★

 

(1) 少なくても4種類は野菜を入れる

 

(2) フタをして煮ること

 

(3) 皮ごと食べられる野菜は洗って皮ごと使用すること

 

 

 

 

 鮭のオハウは、たんぱく質を摂ることもでき、1品で大変栄養価が高いです。

おうちで、ぜひお試しください。

 

 

 今年は、7月にウポポイも開設され、多くの人が白老町に訪れ、アイヌ文化に触れる大きな機会となっています。

また、今年度の6月の食育月間ではアイヌ総合政策課協力のもと、例年の図書館とのコラボ展示で、「アイヌと白老町の食」をテーマに

展示を行いました。図書館ではアイヌ文化に関する図書の取り扱いがあります。この機会に、図書館のほうにもぜひ足をお運び頂いて、

おうちでもアイヌ文化について深めてみませんか? 

 

お問い合わせ

健康福祉課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-5541
ファクシミリ:0144-82-5561