ワクチン接種間隔の変更について

2020年9月29日

■令和2年10月1日から、異なる種類のワクチンを接種する際の接種間隔のルールが一部変更されます。

 

 注射生ワクチンを接種してから次回注射生ワクチンを接種する場合に27日以上間隔をあける制限のみを残し、その他ワクチンの組み合わせについては、接種間隔の日数制限を設けないこととなります。

 

 

■接種間隔についてのルール

 

 1.注射生ワクチンから次の注射生ワクチンの接種を受けるまでは、27日以上の間隔をおく。

 

 2.同じ種類のワクチンの接種を複数回受ける場合は、ワクチンごとに定められた接種間隔を守る。

 

 3.接種後数日間は、発熱や接種部位の腫れなどが出ることがあります。ルール上接種が可能な期間であっても、必ず発熱や接種部位の腫れがないことや体調が悪くないことを確認し、かかりつけ医に相談の上接種を受ける。

  

 

 【ワクチンの種類について】

 

  注射生ワクチン:麻しん風しん混合ワクチン(MR)、水痘ワクチン、BCGワクチン、おたくふかぜワクチン など

 

  経口生ワクチン:ロタウイルスワクチン など

 

  不活化ワクチン:ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチン、4種混合ワクチン、インフルエンザワクチン など

 

 

 詳しくは、下記リーフレットをご覧ください。(クリックするとpdfが表示されます。)

 

接種間隔変更チラシ1接種間隔変更チラシ2

 

ワクチン接種間隔変更リーフレット(256KBytes)

お問い合わせ

健康福祉課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-5541
ファクシミリ:0144-82-5561