ノロウイルスにご注意ください

2021年1月12日

【感染性胃腸炎(ノロウイルス)の予防対策の徹底について】

例年、冬期から春期にかけてノロウイルス等による集団感染が多発します。
発生予防、感染拡大のため予防策の徹底をお願いいたします。

~基本的な感染拡大予防策~
(1)食事前やトイレの後など、適切な手洗いを実施すること。


(2)調理従事者の健康管理を実施すること。

 

(3)利用者(園児・児童・生徒・通所者など)及び職員の欠席理由を確認するなどして、
胃腸炎の集団感染を早期に検知するよう努める事。

 

(4)施設内で嘔吐の事例が発生した場合には、0.1%以上の次亜塩素酸ナトリウム消毒液を用い、
処理者は感染予防のため、使い捨てのマスク・手袋・エプロンを着用するなどして、
適切に汚染物を処理すること。
(※日常的な清掃消毒とは異なり、逆性せっけん、アルコール、次亜塩素酸水などは
汚染物の処理には適さないので注意すること。)

 

(5)これらの対策は、ノロウイルス等による感染を想定し、1年を通して実施すること。

また、ノロウイルスは加熱に弱く85℃以上で、90秒以上加熱すると死滅します。
2枚貝の生食などには十分注意しましょう。

 

 

ノロウイルスによる感染症食中毒を予防しましょう(410KBytes)

お問い合わせ

健康福祉課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-5541
ファクシミリ:0144-82-5561