マスク着用時における熱中症予防について

2021年7月21日

 新型コロナウイルス感染症予防のため、暑い季節にマスクを着用することで熱中症のリスクが高まります。

特に高齢者、子ども、障害者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。3密(密集、密接、

密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的な声掛けをお願いします。

 

 

【熱中症予防のポイント

 

1.適宜マスクを外しましょう

 

・気温、室温が高い中でのマスク着用は熱中症のリスクが高くなります。野外で、人と十分な距離

 (2メートル以上)が確保できる場合はマスクを外すようにしましょう。

 

・マスク着用時には負荷のかかる作業や運動を避けましょう。また、周囲の人と距離を十分に取れ

 る場所でマスクを外して休憩することが必要です。

 

 

2.暑さを避ける行動をしましょう

 

・外出は暑い日や暑い時間帯、人込みを避け、無理のない範囲で行動しましょう。

 

・涼しい服装を心掛け、外に出る際は日傘や帽子を活用しましょう。

 

・換気扇や窓の開放によって換気を確保しつつ、エアコンがある場合はエアコンを利用しましょう。

 

 

3.こまめに水分を補給しましょう

 

・喉が渇く前にこまめに水分補給をしましょう。

 

・食事以外に1日あたり1.2リットルを目安に水分を取りましょう。

 

・大量に汗をかいたときは、塩分補給も忘れずにしましょう。

 

 

4.日頃から健康管理をしましょう

 

・日頃から体温測定、健康チェックをして、新型コロナウイルス感染症と熱中症を予防しましょう。

 

・体調が悪いと感じた時は、無理をせず自宅で静養するようにしましょう。

 

 

 

【参考】

 

厚生労働省 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント (外部サイトに移動します)