「白老町債権管理条例(案)」のパブリックコメント実施について

2021年10月1日

1.政策等の案の名称

 

  「白老町債権管理条例(案)」

 

 

2.募集期間  

 

 令和3年10月1日(金)から令和3年11月1日(月)まで

 

 

3.政策等の趣旨、目的及び背景

  

 金銭の給付を目的とする町が保有する権利(地方自治法第240条)は、町税や国民健康保険税の

ほか、公共施設使用料や貸付金の償還金など多岐に渡ります。

 これらの債権を適正に管理することは、町民負担の公平性の確保と健全な行財政運営に直結するこ

とから、当町では、平成25年度から「収納対策連絡会議」を設置し、滞納債権の収納対策の強化等を

進めてきました。

 一方、債権管理には、債権ごとの管理方法や基準が曖昧であることや、公債権と私債権の分類に応

じた適切な債権管理体制の構築等の多くの課題がありました。

 債権管理の一層の適正化を図るためには、債権管理方法や基準の統一化、司法手続や徴収不能

債権の処理基準を明確にする必要があることから、「白老町債権管理条例」を制定します。

 

 

4.公表資料  

 

  白老町債権管理条例(案)(161KBytes)

  パブリックコメント意見募集(195KBytes)

 

 

5.提出様式

 

 

  意見提出様式(45.5KBytes)

 

お問い合わせ

企画財政課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-2714
ファクシミリ:0144-82-4391