出産育児一時金

2022年3月31日

国民健康保険の被保険者が出産したとき、出産育児一時金を支給します。

 

 

1 対象(申請者)

 

  ・出産した被保険者が属する世帯の世帯主

  ・妊娠4ヶ月以上の出産(生産、死産、流産等の別は問いません)

 

  ※1年以上会社等の被保険者本人として健康保険に加入していた方が退職後6ヶ月以内に出産し、その健康保険から

  支給される場合は、国保からは支給されませんので、ご注意ください。

 

 

2 直接支払制度 

 

  出産医療機関にて直接支払の手続きをすることにより、出産費用を白老町国保から医療機関に直接支払う制度です。

  これにより経済的負担が軽減されます。
  医療機関からの請求額が出産育児一時金支給額より多い場合は、退院時に差額を医療機関の窓口にて精算し、少ない場

  合は、差額を国民健康保険から世帯主に支払います。(確認書類必要)

 


 

3 申請方法  

  

  (1)申請場所

 

  ・白老町役場、町内各出張所、社台・萩野・竹浦・虎杖浜の各郵便局

 

  ※郵送による申請も可能です。

    ご希望の際は以下の申請書をご使用ください。

 

 出産育児一時金申請書(17.6KBytes)

  

  (2)申請に必要なもの

 

  ・申請者の被保険者証

 

  ・母子健康手帳

 

  ・世帯主の口座番号のわかるもの

 

  ・直接支払制度に関する合意文書

 

  ・出産費用の領収書・明細書

     

    ・死産、流産の場合は「埋火葬許可証の写し」         

 

 

4 支給額  

 

 産科医療補償制度に加入している
 医療機関等で出産した場合
 一人につき 420,000円
 上記以外の医療機関等で出産または
 妊娠22週未満で出産した場合
 一人につき 408,000円

  

 

  

お問い合わせ

町民課
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-82-2325
ファクシミリ:0144-82-4391