古い消火器は設置できません!

2021年12月24日

消防法令に基づいて消火器の設置が義務付けられている建物等(一般住宅は義務ではありません)

 

 

で型式が失効している消火器を継続的に設置できるのは2021年12月31日までです。

 

 

2022年1月1日以降は型式が失効した消火器の設置は認められませんので、

 

 

お勤めの事業所等でご確認の上、早めの交換をお願いいたします。

 

 

 

よくある質問

 

Q 型式が失効した消火器(旧規格消火器)を見分ける方法は?

 

 

A 消火器に製造年が記載されています、製造年が2011年以前「旧規格消火器」、2012年以降は「新規格消火器」です。

 

 

  適応火災が「文字」「普通・油・電気」と表示されていたら「旧規格消火器」です。

 

 

  表示.png※左側の絵の表示部分を確認してみてください。

                     

 

 表示.png

 

 

※詳細は以下のパンフレットをご覧ください。

 

旧消火器パンフレット(73.6KBytes)

 

旧消火器パンフレット(裏)(97.8KBytes)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

消防本部
※迷惑メール防止のため、下記のアドレスには「@」の前後に「#」を入れております。メール送信時は「#」を除去して送信してください。
電話:0144-83-1119
ファクシミリ:0144-83-1190