○白老町職員の給与支払に関する特別条例

昭和43年2月6日

条例第4号

(目的)

第1条 この条例は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第25条第2項の規定に基づき、給与の支払に関しその特例を定めることを目的とする。

(給与支払の特例)

第2条 職員の給与は、この条例の定めるところにより、次に掲げるものを控除して支払うことができる。

(1) 職員が町に納付義務を負うもの

 住宅使用料

 職員共済組合諸償還金

 町有地等賃貸料

 上下水道使用料

(2) 職員の福利厚生等に関するもの

 白老町職員福利厚生会の会費その他同会が行う事業に係る納付金

 団体(個人の場合も含む。)による保険金及び積立金

 福利物資購入代等

 親睦団体の会費及び職員団体の組合費で町長が認めたもの

 職員に係る預貯金で町長が認めたもの

(規則への委任)

第3条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和44年6月27日条例第25号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和46年6月30日条例第27号)

この条例は、昭和46年7月1日から施行する。

附 則(昭和61年3月28日条例第9号)

この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成8年10月1日条例第19号)

この条例は、公布の日から施行する。

白老町職員の給与支払に関する特別条例

昭和43年2月6日 条例第4号

(平成8年10月1日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当
沿革情報
昭和43年2月6日 条例第4号
昭和44年6月27日 条例第25号
昭和46年6月30日 条例第27号
昭和61年3月28日 条例第9号
平成8年10月1日 条例第19号