白老町立白翔中学校校章




  由来
     萩野、竹浦、虎杖の3つの中学校の校章を組み合わせてデザインしている。
     3校の歴史と意志を、この白翔中学校が受け継ぎ、
     さらに新たな歴史を築いて、絆を深めていってほしいという願いがこめられている。
     中央の円は円満な人格を表している。
     3枚の葉は、勤労・報恩・自治を表し、郷土の発展を意味している。
     3つの口は、知・徳・体を鍛えることを意味している。
     六角の形は、北海道を象徴する雪の結晶を表している。
  制定 平成25年10月26日

                        学校概要に戻る