トップ記事児童手当の令和6年度制度改正について(令和6年10月分から)

児童手当の令和6年度制度改正について(令和6年10月分から)

更新

児童手当の令和6年度改正について、現時点で判明している情報をお知らせいたします。手続きなどの詳細につきましては、国から通知が届き次第、随時お知らせしていきます。

制度改正の概要について

(1)支給対象児童の年齢を「15歳到達後の最初の年度末まで」から「18歳到達後の最初の年度末まで」に延長。
(2)所得制限を撤廃。
(3)第3子以降の手当月額を「15,000円」から「30,000円」に引き上げ。
(4)第3子の算定に含める児童の年齢を「18歳到達後の最初の年度末まで」から「22歳到達後の最初の年度末まで」に延長。
  ※児童養護施設等に入所している児童は除く。
(5)支給回数が「年3回」から「年6回」になります。

 ※制度改正後の初回支払いは、令和6年12月です。(10月、11月分を支給)

制度内容の比較
改正前改正後
支給対象15歳到達後の最初の年度末までの児童18歳到達後の最初の年度末までの児童
所得制限所得制限限度額、所得上限限度額が設定所得制限なし
手当月額・3歳未満:15,000円
・3歳~小学校修了まで
 第1子、第2子:10,000円
 第3子以降:15,000円
・中学生:10,000円
・所得制限以上:5,000円(特例給付)
・3歳未満
 第1子、第2子:15,000円
 第3子以降:30,000円
・3歳~18歳到達後の最初の年度末まで
 第1子、第2子:10,000円
 第3子以降:30,000円
第3子の算定18歳到達後の最初の年度末までの児童を含める22歳到達後の最初の年度末までの児童を含める
支払月3回
(2月、6月、10月)
6回
(偶数月)

※例)20歳、15歳、10歳の3人のお子様を養育しているかたの場合
   →20歳のお子様を「第1子」、15歳のお子様を「第2子」と数え、10歳のお子様に「第3子以降」の手当月額が支給されます。

申請について

制度改正の影響を受けるかたのうち、状況により申請が必要な方と不要な方に分かれます。
対象の方には案内をいたしますが、詳細につきましては決まり次第お知らせしますので、しばらくお待ちください。

※公務員の方は、勤務先への申請となります。

現行の児童手当制度について

カテゴリー