トップ記事白老町子ども発達支援センターについて

白老町子ども発達支援センターについて

更新

1 白老町子ども発達支援センター「ひだまり」とは?

子育て中の親子が気軽に集い、交流しあえる子育て支援と、発達支援を行う母子通園の2つの機能を合わせもつ施設です。

子育てに不安を感じたとき、お子さんの発達に心配があるときは一人で悩まず、気軽にお電話またはセンターにお越しください。

(1) 開所日・時間

  • 開所日:毎週月曜日から金曜日
  • 時間:8時30分から17時15分

(2) 休所日

  • 土曜日・日曜日・祝日
  • 12月29日から1月3日まで

(3) 職員

  • センター長
  • 保育士
  • 言語聴覚士
  • 理学療法士
  • 医師(嘱託)

2 今月の「ひだまりおたより」

ひだまりおたより(6月号) (PDF 780KB)

3 母子通園「エミナ」

運動やことばの発達が気になる就学前のお子さんとそのご家族を対象に、必要な相談や療育を行っています。

(療育利用時にはご家族の方に同伴していただいています)

児童発達支援事業(利用料は国の制度に基づいています)

  • 個別療育:ひとりひとりのお子さんの発達状況や特性に合わせて、週に1回から2回の支援を行っています。
  • グループ療育:リズム・サーキット・制作・感触遊び等の活動を通して、集団生活におけるルールの理解・コミュニケーションなどの支援を行っています。

放課後等デイサービス事業(利用料は国の制度に基づいています)

発達支援が必要な小学生から高校生までのお子さんを対象に、放課後等において生活能力向上のための療育や自立支援と日常生活の充実のための活動を行います。

発達相談

  • 電話受付:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分
  • お子さんの発達について気になることがありましたらお気軽にご連絡ください。
  • 電話番号:0144-83-3700 

関係機関訪問

町内の保育園・幼稚園訪問

  • 町の保健師や専門機関スタッフと一緒に訪問して、白老町の子ども達の成長を見守っています。

担当職員

  • 言語聴覚士:2名
  • 理学療法士:1名
  • 保育士:2名

4 子育て支援「ピヌピヌ」

子育て中の親子が気軽に集い、親子で楽しんだり、交流したりできる場所です。また、育児不安や悩みの相談、育児サークル支援など、乳幼児が健やかに育つためのお手伝いをします。

育児相談

月曜日から金曜日 8時30分から17時15分

  • 来館、電話、家庭訪問等により、育児不安などの相談をお受けしています。
  • 電話番号:0144-83-3700 

あそびのひろば

月曜日から金曜日 10時00分から12時00分、13時00分から16時00分

  • 親子のふれあいの場、仲間づくりの場として広場を開放します。

おたのしみのひろば

10時00分から11時45分

  • 第2、第4水曜日:季節の行事、子育て講座、ママ向け講座、世代間交流等
  • 第3週の月曜日から金曜日:季節の行事の制作物、戸外遊び等

おたのしみのひろば年間行事予定表 R6 (PDF 93.9KB)

おたのしみのひろば予定表6月 (PDF 64.1KB)

パパsunデイ!!

日頃参加出来ないパパの為の日曜日のひろばです。年3回お子さんと一緒に楽しみましょう。

R6パパSUNデー (PDF 140KB)

通信発行

子育て通信の発行

育児サークル支援

サークル運営について、会員さんと一緒に考えたり、お手伝いをしたりします。

担当職員

保育士:2名

5 指定特定・指定障害児相談支援事業所

平成27年4月より子ども発達支援センター内で相談支援事業を行っています。

相談支援専門員が、お子さんやご家族の困りごと・心配なことについて一緒に考え、お子さんの成長や社会に出てからの生活などの総合的な相談や利用可能な福祉サービスについての情報提供を行います。

  • 相談日:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分
  • 電話番号:0144-83-3700 

カテゴリー